FabLifeSchool!

3ヶ月でフリーランスになれるデザイン学校

FabLifeSchool!開校ストーリー

校長の西尾と運営事務局代表の仲谷が
FablifeSchool!(ファブライフスクール!)を開校したのは、

2015年1月です。
2人が出会い

「コンセプトプロデューサーとしてフリーランスで稼げる学校」
という方向性で開校するまでに長い道のりがありました。


 

西尾はデザイナーとして、広告業界に10年以上携わり
デザインの専門学校の講師として学生たちに教えてきましたが
女性デザイナーを育てても、活躍できる場所が少ないと
感じていました。

また、女性から子どもを生んでからも仕事をしたい。
子育てをしながら仕事をしたい。
そういう悩み相談を受けることが多く
女性を輝かせたいと思っていました。


 

一方、仲谷は会社員として、電子顕微鏡の設計に7年間
プロジェクトのデザイン主担当として携わりながら
ボランティア団体で、1年間人財部の責任者として活動し
また、起業向け用のビジネススクールに2年間通い、
創業者の後方支援及び事務局に勤めました。

その中で感じた事は
「自分のやりたい事」をカタチにしたいと
思っている、活躍する場所を求めている女性が
多い事を感じたいということを気づきました。


 

別々の人生を歩んでいた2人が偶然出会ったのは、ビジネスカフェ会でした
西尾のデザインやコンセプトのつくり方
女性への未来の考え方を聞いて
仲谷は「一緒に学校を創りませんか?」と西尾を誘いました。


 

どういう学校を創るのか?
入った人がどうなるのか?
打ち合わせを何度も繰り返し
企画書も何度も作り直し

個別セッションやイベントも企画し
学校の方向性を模索してきました。

その中で、明確になってきたのは
「好きな人と好きな場所で仕事をする」
そんな女性を排出したいという事でした。
そのためには
世の中の企業や商品のコンセプトを
見直し、魅力的なモノにするプロデューサーになってもらい
フリーランスとしてしっかり稼げる人を
創っていこうという!!
という学校することにしました

4月5日には、
一期目の企業プレゼン発表会も開催いたします。


 

これからもFabLifeSchool!は
女性が「好きな場所で好きな人と仕事できる。
自立した女性を輩出して
よりよい世界を目指して
一歩一歩前に進んでいきます。