FabLifeSchool!

3ヶ月でフリーランスになれるデザイン学校

メモを取る7つのルール

678 views

ファブスク校長の西尾です。

 

私が高校生だった時のある日、
これからの自分の人生に不安を感じたことがあります。
そのとき、不安だった私が
唯一できることは
「うまくいってる人」ってどんな人なのか
共通点を調べることでした。

 

社長と呼ばれている人が
どんな人なのか、
どうやってうまくいってるのか。


学歴や特技、技術、知識、クセや習慣など
自分の不安を取り除くために
いろいろと調べていくと、
ある一つの共通点がわかりました。


それは、多くの社長さんは
「メモをこまめに取る」ということです。


18歳だった私が
そんな共通点を見つけて、
まずは「自分もやってみよう」と始めたのが
きっかけで、今も「メモ」を取ることを続けています。


その際、飽き性の私が
長続きするために決めた
7つのルールがあります。


●メモを取る7つのルール
ルール1 気づいたこと、知りたいことを書く
ルール2 1年で一冊のつもりでOK!
ルール3 いつでも持ち運びできる手のひらサイズ
ルール4 もったいなくても裏には書かない(片面のみ)
ルール5 1ページに複数の情報をたくさん書かない
ルール6 メモは内容を写すのではなく、まとめて要約する
ルール7 なるべく分かりやすく図や絵やイラストを入れる


・・・1年目
メモを取ってみたが
書かれている意味がわからないし、
情報の使い方も分からない。


・・・3年目
ある日、人と話していると
「あら不思議!」どんどんアイディアが湧いてくる。
パラパラとページをめくると
忘れていることも時間軸で思い出せる。


すごい!
そう思ったとたん
ドンドン楽しくなって今も続いてます。


あれから約20年、
「これはいい!」と思って
これまでいろいろな人に
メモを取る話をしてきましたが、
初めは頑張ってた人も
なかなか続けることは難しいようです。

 


簡単そうだけど
けっこう大変なんですね。

 

メモを取る7つのルール

About The Author

NISHIO

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)